event_top

TOPICS

一覧

  • 2016年12月16日
  • 開催報告  CSV時代のスポーツ企業とNPOの幸せな関係 ~持続可能な社会課題解決のための正しいお金の稼ぎ方とスポーツ~

  • CSV時代のスポーツ企業とNPOの幸せな関係~持続可能な社会課題解決のための正しいお金の稼ぎ方とスポーツ~が、開催され、弊社代表野口がゲストスピーカーとして登壇いたしました。

    スポーツの価値を最大限活かし、社会課題の解決を事業として推進する事を目的に、 スポーツビジネスアカデミー(SBA)と日本ファンドレイジング協会の共催で行われ、 この日のシンポジウムでは、そんなスポーツ界における新たなステージの幕開けを告げるテーマについて、各分野のトップランナー達による熱い議論が展開されました。

    2020年東京五輪に向け、社会におけるスポーツの意義が問われるなか、 スポーツの本質的な価値と社会の結びつき、そしてその価値をいかに持続可能な事業にしていくのか。 スポーツを活用した”CSV”(Created Shared Value=共通価値創造)がこのシンポジウムのキーワードとなりました。
    スポーツを活用した社会課題解決”ビジネス”である。

    野口は、CSVの先進事例実績として、 石井一久氏をお招きした「夢の教室」 と、スペシャルオリンピックス日本×ソリマチ×飲む応援について、ご説明をさせていただきました。

    社会課題の解決・企業の利益・継続的な社会還元活動という三方に価値を生み出す取り組みが「飲む応援」であり、 スポーツ界の新たな潮流を提言できたのではないかと考えております。

    ご参加いただいた皆様、主催いただいたスポーツビジネスアカデミー様と日本ファンドレイジング協会様、 共にご登壇させていただきましたゲストスピーカーの皆様、 そしてこれから共にスポーツを支える皆様、誠にありがとうございました。

    開催日: 2016年12月16日(金)
    会 場 :国連大学 アネックスホール

    スピーカー
    鈴木寛/東京大学公共政策大学院教授・慶應義塾大学政策メディア研究科兼総合政策学部教授・文部科学大臣補佐官
    岡田武史/株式会社今治.夢スポーツ 代表取締役会長
    鈴木友也/トランスインサイト代表取締役
    葦原一正/Bリーグ 理事・事務局長
    野口必勝/リタジャパン 代表取締役
    金田晃一/ANAホールディングス コーポレートブランド・CSR推進部 グローバルCSRヘッド
    深尾昌峰/全国コミュニティ財団協会 会長
    山崎卓也/Field-R法律事務所 弁護士
    三島理恵/日本ファンドレイジング協会 ディレクター
    近藤哲生/UNDP駐日代表


    URL:https://peraichi.com/landing_pages/view/sportscsv2016